Qwe're
ケンタの日記
■ KENTA 25 LATEST DIARIES
[07/22] 立て続けに思い出しました。
[07/22] お勉強
[06/24] 時代
[09/10] 弁護士さん
[06/12] 札幌
[05/26] 真崎航
[05/09] 時代に反し、そして、地味な更新
[05/30] 寄付完了しました!
[12/13] 尖ってみようか。ワタシ。
[03/17] あえて「開催」決定しました
[01/16] 自由と責任
[12/25] 指令その2
[01/30] 大雪の日の出来事。
[12/06] TOMMY の画像は嘘です
■ 真崎航 2013-05-26 19:08
何も触れないでおこう、と思っていたのですが、
それは、寂しいな、っと思いまして。

18日に亡くなりました。

彼が札幌時代、お店のスタッフをやってくれていました。
その後、活動の場を本州に移し頑張っていました。

特段、連絡を取ることは無かったのですが
彼がGOGOとして活躍し出してから、
関連性から、また連絡を取る様になり、、。

札幌にお礼がしたいんだよね、そう言われてから、
時が流れ、流れ、昨年の10月にようやく呼ぶ事ができました。
昨年の15周年企画のゲストシリーズの最終章として。

僕も歳を取り、トゲトゲしさが取れ、
大学生だった彼も大人になり、
二人でジンギスカンを食いながら、
大人になっていた彼に初めて僕の悩みを話したり。

彼は、
僕がお礼をしたいと思う街を一生懸命作ってきたんでしょ?
間違っていないと思うならば、昔のように「凛」としてるべきです。

年下の彼にそう肩を押されたのを新鮮に感じた夜でした。

長い事、色んなことをやっていると、
子供だと接していた子が、気付くと大人になって現れる。
僕はゲイなので、自分の遺伝子を引継ぐ子供は出来ませんが、
おそらく、世間の親が感じるような、喜びみたいなものを
場末なジンギスカン屋で思ったことを、思い出しました。

一生懸命に生き、命を全うしたんだろうね。

真崎航のご冥福を心から祈っています。
NO PICTURES
< 前のページ戻る
Copyright© 2006-2008 Qwe're All right reserved.