Qwe're
潮干狩浅里の日記
NO IMAGE
■ SHIOHIGARI ASARI 25 LATEST DIARIES
[03/02] 私がおばさんになっても(てかなってるし)
[11/24] あなたの過去にSAYONARA
[10/07] 取り戻す夏
[08/22] 夏は頭のネジを緩くするわ ご用心!
[05/28] 女装に歴史あり
[05/14] 新世界へようこそ
[04/24] だから「女装」はやめられない
[03/12] 踊り続けさせてねDJ☆YOSHICO
[02/27] この女装、凶暴につき
[01/26] 憧れの3M・マコミッシェル
[01/21] おしん女装・パルプ
[12/12] あらま
■ この女装、凶暴につき 2007-02-27 19:30
皆、ドリームガールズに大騒ぎだね(代表・ミッシェル)。

ビジュアルからストーリーまで、オカマ要素がびっしりと盛り込まれているもんだから映画館がオカマで一杯なんて話も当然といえば当然でしょう。
こうした映画に女装が飛びつき、そして素知らぬ顔してSHOWをパクるなんて事はある程度予想しておりましたが、ここまで否女装の、ましてや若い方々までもが足繁く映画館に通い、ああしたレビュー的な世界観に目をキラキラさせるとは思っていませんでした。

札幌の坊や達、ビョンセになりたいなら今よ!
思い立ったが吉日って言いますでしょ。

しかしながら、ああした世界観を受け入れる体勢を整えてくれた事に関しては女装をする我が身としては嬉しい限りです。
言ってみれば、SHOWにおける定番中の定番な世界観ですからね。
今までこうした世界観に入り込む機会がなかった若者でも
ビヨンセといったキャスティングにより、近いモノとして感じる事が出来て良かったんだと思いますよ。
これを機会にあの年代の音楽なども掘り下げて聞いてみると面白い出会いがあると思うので、是非とも「脱・安室(もしくは倖田)」を図って頂きたい。

なんてツラツラ書いていますが、アタシはまだ観ておらず
保存版にしてある「29歳のクリスマス」に夢中でしてね(その前は離婚弁護士だった)。
彩(松下由樹)のダメ女っぷりに自らを重ね涙を流す日々を送っております。29歳をテーマにした物語を33歳の今、共感している事が何よりダメなんてことはとっくに知ってる。

さて、話を「ドリームガールズ」へと強引に戻しますが、
ミッシェルの日記にて、誰があのSHOWを演るか?って事を伺っておりますが、ここで断言しておきましょう。

アタシが演ります。

争奪戦が予想されていますし、早い内に唾つけたもん勝ちですからね。
ちなみにジェニファーハドソンが劇中で歌ったソロも演りますから。

ミッシェル、この世界は弱肉強食だって教えたはずよ☆

っていうのは冗談で(演るけど)、ドリームガールズナイト(ダサイ)的に皆がこの映画のSHOWを演るってのも面白いと思うの。
チームによって色も見え方も違うだろうしね。
どうよ?ミッシェル。
ってこんな話は別でしろって感じよね。

ちなみにうちのチームのビヨンセはベロニカで決定済みです(観てないくせに)。ついでなので札幌のビヨンセ(または安室)ことベロニカ斬りでもしておきましょうかね(前置きが段々長くなってるわ・・)。
ベロちゃんがどうしてもこのコーナーで斬られたいとの事だしさ。

ベロと言えば、長い手足と露出衣装を武器に周りにいる女装の迷惑を顧みず踊りちぎる女装として有名です。
ただでさえ目立つその出立ちに加え、クール(無愛想ともいう)な風貌も手伝って、一部にはカリスマ女装として君臨してるんだとか(オーガナイザー談)。
女装の中でもベロの格好よさに惚れ、女装を志したという人生失敗組も少なくはありません(特にパルプ)。

そんなベロですが、実際はクールでもなんでもなく、
電話ではつまらない駄洒落を連呼し、控え室ではカスエと二人、散々騒ぎ人の支度を邪魔した挙げ句、当時新人だったアタシに「新人のくせに支度が遅い」とケチをつけてくる迷惑極まりない存在だったりします。
こんなんですから、ベロニカに対し「様」といった敬称をつけて呼ぶ若者に遭遇した際は徹底してその若者を虐める事にしてます。

しかし、見せるといった事に対しての意識は本当に高く、
ダラダラとホステスしてるとオーガナイザーよりもこの女に凄い剣幕で怒られます。お金が発生している云々よりも、自分で決めた事に関しての責任を取れ、といった厳しいながらも人間としての当たり前な行為を新人に叩き込む存在としては札幌一ではないかなと。
そして何よりアタシがこの女の好きな部分はとにかく情が厚いってとこで絶対人を裏切らない安心感を持たせてくれたりします。
まぁ手ッ取り早く言えば、喧嘩っぱやくて(ホント喧嘩っぱやいから皆気をつけて!)人情味溢れる下町オヤジって感じかしらね。

そんな性格しながら女装道具をヴィトンのスーツケースに入れ、全身ブランドでフラッと会場に現れるもんだから、女装になった後もベロに憧れ続ける人間も多いんだろうね。アタシは心の中で「お前は神田うのか?」と毎回突っ込み入れてますけど。
ベロも今は東京在住なのでたまにしかナイトには出ませんから
出演イベントの時には是非最前列で口に含まれた水をぶっかけられたり(アタシ)、とび蹴り食らったり(ハマコ)してみてはいかが?
実は小心なベロの事だから後で直々に謝ってもらえます。

そんなベロニカ、
帰省中にはよくIDやハーティーにいる事が多々ありますが、
他の女装に声をかけるように気軽に声をかけても無愛想に返される事を覚悟しとくように。
という点で言えばMにはオススメな女装であります。
NO PICTURES
< 前のページ戻る
Copyright© 2006-2020 Qwe're All right reserved.