Qwe're
わっしょい魔りの日記
■ WASSHOI MARI 25 LATEST DIARIES
[03/10] ほぼ世界一周オカマの旅(フィリピン編)
[09/22] 虹の彼方に
[09/14] さぁ、今こそ一つになるんだ!
[09/06] 弱者に希望を
[09/01] 頭で考えず行動に
[05/02] キミとボク
[05/31] 自分らしさ
[01/11] 2009スタート!
[09/22] CHANCE
[08/13] 世界に一つだけの花
[02/28] あと2日で・・・
[01/14] あなたには、見えますか?
[10/29] 秋のHIV検査
■ CHANCE 2008-09-22 22:48
皆様パレードお疲れ様でした。また一ついい思い出が出来ましたに〜☆ホホ

今年も各地の色んな方と接する事があり、色んな話しを聞かせていただきました。セクシャリティなど関係なく、世の中にはほんとに色んな人がいます。その中で仲間や友達、恋人をつくるという事はホントに素晴らしい事だなと思います。人と人が結びつく大切なものがなんなのか、LGBTであったからこそ気付けた人って沢山いるんじゃないかと思います。LGBTの絆の強さは計り知れないものです。

今回僕の古くからの友人にパレード歩こうよ!と声をかけました。初めて歩くもんで躊躇してましたが歩く事に(ほぼ強制的)。いつも病んでる彼ですが、ゴールした時の顔が全然違ってたんです。笑ってました。そしてありがとうの一言。

僕の好きな言葉ランキングの中にチャンス【chance】という言葉があります。これってすごく曖昧な言葉だと思います。きっかけ、変化、希望、はたまた成功や光など、結果すらも想像させてしまうこの言葉。このチャンスって日々の生活の中であちこちに落っこちてるもんなんです。動く事によって出会えるチャンス。年に1度だけ開催されるパレードは我々LGBTにとっては大チャンスなのではないでしょうか。今回僕の友人は歩く事によってちょっとしたチャンスを掴みました。歩かないで家にいたら掴めませんでした。今までと何にも変わりません。『動く』という事に重要な意味があるのです。もしかすると中には何かが変わるのが怖いという人もいるかも知れませんがそれではいつまでたってもスタート地点からは離れられません。
現状満足?それはないでしょう。何故なら私達は人間ですから。もし変わってダメならまたスタート地点に戻ってくればいいだけなんです。今までと何も変わりはないはずです。そしてこの世に怖いものなんて何もないと僕は思ってます。歩けなかった方は来年は是非歩いてみて下さいね☆

ところでね、僕もなかなかの病みを兼ね備えておりますよ。負けません(笑)
病みパーセントがMAXの時、人ってなんで生きなきゃいけないんだろうとか意味のない事まで考えてしまいます。暇な訳ではありませんよ。まあ話すと脱線してしまうのでこれは次回に持ち越しさせてもらいますが、ただ、病むのは悪いことだとは思いません。悩まなきゃ何も成長しないですし、これも一つの好機でありチャンスなんですよ。あまり落ち込み過ぎず、前向きに歩いて下さい。雨が降っても時間が経てば必ず晴れます。そしてLGBTパワーで僕らは虹にも出会えることでしょう。

パレード、イベント等でお世話になった方、本当にありがとうございました。

LOVE綜D幌LGBT

わっしょい魔り
NO PICTURES
< 前のページ戻る
Copyright© 2006-2008 Qwe're All right reserved.